本文へ移動

発熱体材料

関連する商品のご案内

電熱用耐火物
各種熱板への電熱線組込、ケーシング等承ります。

電熱線

在庫品として多種の線径を取りそろえております。kg販売、m切り売り販売をしている線径もありますのでお問い合わせ下さい。

鋼種
最高使用温度
特色
ニッケルクロム系
NO.1(NCHW-1)
ニッケルクロム 第1種
1150℃
耐酸化性及び高温強度に優れ、高温用発熱体として広く使用されます。
冷間加工も容易です。
NO.2(NCHW-2)
ニッケルクロム 第2種
1000℃
NO.1に比べ耐酸化性・高温強度がやや劣ります。
1000℃以下の発熱体に適しています。
鉄クロム系
NO.30(FCHW-1)
鉄クロム 第1種
1300℃
特に高温での使用を目的としています。
高温強度はニッケルクロムより劣りますが特殊な溶解法と添加物によりNO.3より長寿命となっております。
NO.3(FCHW-1)
鉄クロム 第1種
1200℃
高温での使用を目的としています。
高温使用後の加工には適していません。
NO.4(FCHW-2)
鉄クロム 第2種
1100℃
鉄クロム第1種より冷間加工が容易です。
高温使用後の加工には適しませんが1100℃以下の発熱体として幅広く使用されています。
カンタル(※)
合金系

カンタルA-1
1400℃
発熱体温度1400℃まで使用される高温対応の合金で、各種熱処理(セラミックス・ガラス・金属材料・鋼材・半導体)業界での高温炉に使用されます。FCHW-1の代用として使われる事があります。
カンタルAPM
カンタルA-1の特性を損なうことなく、更に高温における強度と形状安定性を改良した発熱体です。
用途はカンタルA-1と同じです。
カンタルAF
カンタルA-1およびAPMと同じく、発熱体温度1400℃まで使用できる高温合金で、高温での形状安定性を改良したものです。
発熱体温度1300℃以上ではAFよりA-1がより優れた耐酸化性を有します。
また、カンタルAFには1.0φ未満の線径がありますので、熱設計上必要な場合に使われる事があります。
カンタルD
1300℃
1300℃までの発熱体温度での使用に適した抵抗合金です。ニッケルクロム系より抵抗値が大きく、耐熱性に優れているので炉を含む各種器具に広く使用されます。
(※)カンタルはスウェーデンに本社を置くカンタル社製の電熱線です。
カンタル他鋼種、パイロマックスも取り扱いありますのでお問い合わせください。

電熱線のニッケルクロムと鉄クロムの違いについて

ニッケルクロムはニッケルとクロムの合金、鉄クロムは鉄とクロムの合金になります。
簡単な見分け方として、磁石がくっつくものが鉄クロム系になります。(鋼種は特定できません)
詳細については上記特色欄をご覧ください。ご不明な点がありましたら弊社営業部までお問い合わせください。

ニクロム線少量ボビン巻・小巻

おすすめ!
細径ニクロム線少量ボビン巻(50m)と極細径ニクロム線小巻(50g)です。
弊社標準在庫品ですので即納可能です!お気軽にお問い合わせ下さい!
導体抵抗等詳細情報は下記PDFファイルをご覧下さい。

電熱線コイル(No.1ニクロム・No.4鉄クロム)

電圧・容量を設定し、ニクロム線をコイル状(スプリング状)に巻いた製品です。
即納可能な在庫品を取りそろえております。詳しくは「ニクロムコイル寸法表」をご覧下さい。

特注品製作の際の指定項目について(例)

※1本~特注品もうけたまわります。
ニクロム線の種類(鋼種)
NCHW-1・FCHW-2・カンタルA1 等
鋼種をご指定ください。
線径
0.7∮
電熱線の線径をご指定ください。
電圧(V)・容量(W)
100V・600W
電熱線コイルの電圧(V) 容量(W)をご指定ください。
コイルの巻き外径
5.2∮
電熱線コイルの巻外径になりますのでご指定ください。
リード部の長さ
両端 200mm
電源に結線する両端の直線部分をご指定ください。
本数
2本
ご指定いただいた本数を作成いたします。
(※)線径につきましては、ご指定のある場合のみお知らせ下さい。ご指定無き場合には弊社にて選定させて頂きます。
※ニクロム線の加工品、熱版への組込み等のお見積りも可能です。

補助部材

高温下での耐熱が要求される場所に

(86KB)

最高使用温度 300℃

(487KB)NEW

最高使用温度 300℃
ニッケル製 抱合せスリーブを販売開始しました。

ニクロム線・コイルの支持部材に